戸渡阿見 公式サイト
 
 
 
 

2003年8月度のギャグ


戸渡阿見 ご教訓ギャグ

名古屋の人の旅行計画
  とまこまいへ いこまい
  近江舞子に いこまい
  散歩に行くなら こまいぬをつれてこまい
  てんてこまいの時にも いこまい
  (注:「いこまい」は名古屋弁の「いこみゃあ(行こう)」がつまって、「いこまい」となった名古屋弁です。)

ある男が、美容院でヘナというヘアーカラーリング液で毛染めをしてもらっていました。
  店員 「しみーませんでしたか?」
「はい、女性ではないので、しみーズはありません」

美容院にて2
  店員 「どのような髪型にしますか?」
「手で簡単にセットできる髪型にしたいのです。」
店員 「わかりました。手櫛ですぐにセットできる感じですね。」
「はい。サン・手櫛ペリの星の王子さまのように」

А 「ある人がおならをしました」
  「それで?」
А 「その人は埼玉県出身でした」
「それで?」
А 「くさい玉県人になりました」
「あほくさいギャグだね」

スタッフ 「戸渡阿見先生はやっぱりすごいですね」
戸渡阿見 「なんで?」
スタッフ 「だって、ごく自然に出た自分のおならさえも、その場でギャグになるのですから」
戸渡阿見 「君、それをク才能というのだよ」
スタッフ 「バカくさいことを言うときもですか」
戸渡阿見 「それは、バカク才能ほんとに、というのだよ」
スタッフ 「あほくさいことを大阪で言うときもですか」
戸渡阿見 「それは、あほク才能ほんまに、と言うのだよ」
   
(注 しみーズ(シミーズ):[(フランス) chemise] 袖なしで、胸から腰までをおおう、しめつけない形の婦人用肌着。シミーズ。)
(注 サン・手櫛ペリ:、『星の王子さま』の作者、サン・テグジュペリ)

Copyright (C) 2008 Totoami Gag All Rights Reserved.